中山金杯の歴史

1952年
- 中山競馬場の芝2600mの5歳以上(現4歳以上)のハンデキャップの重賞競走、金杯として創設。

1954年
- 負担重量を別定に変更。

1960年
- 前年の9月1日から日本競馬の時計が変更になったのに伴い、時計表示が1/5秒表示から1/10秒表示に変更。

1961年
- 距離を2000m、負担重量をハンデキャップに変更。

1970年
- 施行場を東京競馬場に変更。

1972年
- 流行性のインフルエンザの影響で4月に福島競馬場で順延開催。

1980年
- 施行場を中山競馬場に戻す。

1984年
- グレード制施行によりGIIIに格付け。

1994年
- 混合競走に指定

1996年
- 名称を「中山金杯」とする。
- 福島競馬場の改修工事による振替開催により東京競馬場の2000mで施行。

2001年
- 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「5歳以上」から「4歳以上」に変更。

2002年
- 東京競馬場の改修工事による振替開催により東京競馬場の2000mで施行。

2006年
- 国際競走に指定。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。