中山金杯の歴史

1952年
- 中山競馬場の芝2600mの5歳以上(現4歳以上)のハンデキャップの重賞競走、金杯として創設。

1954年
- 負担重量を別定に変更。

1960年
- 前年の9月1日から日本競馬の時計が変更になったのに伴い、時計表示が1/5秒表示から1/10秒表示に変更。

1961年
- 距離を2000m、負担重量をハンデキャップに変更。

1970年
- 施行場を東京競馬場に変更。

1972年
- 流行性のインフルエンザの影響で4月に福島競馬場で順延開催。

1980年
- 施行場を中山競馬場に戻す。

1984年
- グレード制施行によりGIIIに格付け。

1994年
- 混合競走に指定

1996年
- 名称を「中山金杯」とする。
- 福島競馬場の改修工事による振替開催により東京競馬場の2000mで施行。

2001年
- 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「5歳以上」から「4歳以上」に変更。

2002年
- 東京競馬場の改修工事による振替開催により東京競馬場の2000mで施行。

2006年
- 国際競走に指定。

中山金杯について

正式名称:
- 日刊スポーツ賞中山金杯。

距離:
- 芝2000m

開催地:
- 中山競馬場

グレード:
- GIII

条件:
- 4歳以上(国際)

1着賞金:
- 4,300万円

負担重量:
- ハンデキャップ

創設:
- 1952年1月20日

2003中山金杯優勝馬 トーホウシデン

■ 2003中山金杯優勝馬
- トーホウシデン

■ 2003中山金杯優勝タイム
- 2:00.0

■ 2003中山金杯優勝騎手
- 田中勝春

■ 2003中山金杯内容
速いというほどのペースではない流れの中、中団を追走。内でじっくりと駒を進めたのが功を奏して直線では抜群の伸び。逃げ粘るトーアメイウンをきっちり交わして2003年初の重賞を制覇。


■ トーホウシデンの主な優勝レース
- 中山金杯

■ トーホウシデンについて
父ブライアンズタイム・母ブラッシングインザレインという血統。

22戦4勝(2005年2月現在)

2004中山金杯優勝馬 アサカディフィート

■ 2004中山金杯優勝馬
- アサカディフィート

■ 2004中山金杯優勝タイム
- 1:59.2

■ 2004中山金杯優勝騎手
- 中舘英二

■ 2004中山金杯内容
中舘英二騎乗のアサカディフィートが、中山施行におけるレースレコード・1分59秒2(良)で快勝。重賞初制覇を飾った。2着ワールドスケールにつけた3馬身半差は、中山金杯史上最大の着差だった。

■ アサカディフィートの主な優勝レース
- 日刊スポ賞中山金杯(G3)
- 小倉大賞典(G3)

■ アサカディフィートについて
重賞は、中山金杯が初勝利。
父パラダイスクリーク・母スプリームクィーンという血統。

通算成績は29戦6勝

2005中山金杯優勝馬 クラフトワーク

■ 2005中山金杯優勝馬
- クラフトワーク

■ 2005中山金杯優勝タイム
- 1:59.0

■ 2005中山金杯優勝騎手
- 横山典弘

■ 2005中山金杯内容
1番人気のクラフトワークが直線抜け出して5勝目をあげた。

2着はキーボランチ、エイシンチャンプが後続馬群から抜け出したものの、大外を突いて伸びたマイヌーヴェルがゴール前で交わして2着。3着にキーボランチが入り、2番人気のカナハラドラゴンは12着に敗れた。

■ クラフトワークの主な優勝レース
- アメリカジョッキーC(G2)
- 日刊スポ賞中山金杯(G3)
- 函館記念(G3)

■ クラフトワークについて
父ペンタイア・母ワーキングガールという血統。
美浦の後藤由之厩舎の管理馬。

15戦5勝(2007年1月現在)

2006中山金杯優勝馬 ヴィータローザ

■ 2006中山金杯優勝馬
- ヴィータローザ

■ 2006中山金杯優勝タイム
- 1:59.4

■ 2006中山金杯優勝騎手
- 柴山雄一

■ 2006中山金杯内容
ゴール前で抜け出した7番人気ヴィータローザが6番人気アサカディフィートの猛追をハナ差凌ぎ優勝した。

■ ヴィータローザの主な優勝レース
- 日刊スポ賞中山金杯(G3)
- セントライト記念(G2)
- ラジオたんぱ賞(G3)

■ ヴィータローザについて
父サンデーサイレンス・母ローザネイという血統。
デビュー後、5戦連続3着という記録を作る。

41戦6勝(2007年1月現在)

2007中山金杯優勝馬 シャドウゲイト

■ 2007中山金杯優勝馬
- シャドウゲイト

■ 2007中山金杯優勝タイム
- 2:02.4

■ 2007中山金杯優勝騎手
- 田中勝春

■ 2007中山金杯内容
3番人気シャドウゲイトが優勝。勝ちタイムは2分2秒4(重)。2着に10番人気アサカディフィート、3着に2番人気ブラックタイドが入った。1番人気マヤノライジンは8着。

ハナを奪ったワンモアチャッターを見る形で2番手を進んだシャドウゲイトだったが、3コーナー過ぎに先頭に躍り出ると後はワンマンショウ。

■ シャドウゲイトの主な優勝レース
- 中山金杯

■ シャドウゲイトについて
黒鹿毛の均整のとれた馬体。
父ホワイトマズル・母ファビラスターンという血統。
母の父サンデーサイレンスの影響が強く出ているため、
胴長のスマートな体形。

通算16戦5勝

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。